ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

上から教えようが、低姿勢で教えようが、聞き手の情報の欲求が低いと話は届いてない。

スポンサーリンク

おかげさまで僕のブログはたくさんの人に読んでもらっている

偉そうに書いている時もあるかもしれない。

「〇〇したほうがいい!」「〇〇するべきだ!」など。

本当は「〇〇した方がいいんじゃないですかね~」

「○○を、できれば!した方がいいんじゃないですかね~」

と濁す感じで発信したい。


今回のテーマは

 

偉そうに話すな

 

上から言われて受け止められるのは

受け手が必死に「受けよう」と思っている人だと思う。

それ以外に人に上から言われても、聞く耳が持てない。

聞く耳を持ってても、入ってこない。

「僕は出来ないけど、こうした方法もあるよ」

など、「自分は出来ないけどね」と言うと、また感じ方が違う。

先ほど言ったように僕のブログも

自分ができない事もたくさん発信している。

「なんだ!出来もしない事を話しているのか?」

等と思われる方もいるかもしれません。

確かに出来もしない事を言うと信憑性は薄くなります。

だけど、信憑性を信じる人は失敗すると思います。


あの人がやって成功したからやってみよう!って事ですよね?


それだと結局、通信販売の「※個人により効果が異なります。」

と同じになるのだ。

そういわれれば信憑性がないから買わない

そういう人がたくさんいると思う。

それでは「※個人により効果が異なります。」

ではなく、

「この商品を飲めば絶対に効果ありますよ!」

という商品を買いますか?

これはこれで怪しいし、効果がなければ文句を言う。

結局「買おう!」と思った人は何を言われようと買うのです。


だから、上から言おうが下からお願いするみたいに話そうが、


聞き入れる人は聞き入れるのです。


だったら!


下から話したほうが穏便に事が進みますよね?と言うのが

今回話したい話。


上から話して、得ってないんです。


僕もこれは気を付けているが、「文字」になるとちょっと攻撃的な

文面になるかもしれない。

これからはもっと低姿勢でいろんな情報を発信できたらいいな

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。